2015年08月07日

清水絵里子(p) × 高瀬裕(b) スペシャルデュオ

8月7日(金) 午後9時〜 \2,700

「清水絵里子(p) × 高瀬裕(b) スペシャルデュオ」

6A50F6BF-22F6-46AD-9618-AEFB7BA2D9E4.jpg

清水絵里子(p) http://ericcho.papi4.com
高瀬裕(b) http://www5a.biglobe.ne.jp/~takase-b/

ゲストボーカル 瀬川秀隆 篠崎文

東京で人気をはくす素晴らしい二人のデュオ。
デュオならではの美しさに男性ボーカル瀬川秀隆と店主が、この珠玉のデュオに参加させて頂きます。

プロフィール
清水絵里子(p)
1973年東京品川生まれ。祖母がピアノとエレクトーンの先生をしていた影響で、幼少の頃より楽器に親しむ。5歳から本格的に習い始めネム音楽院にてクラシック•作曲法等学ぶ。
16歳で大作曲家ショスタコーヴィッチの息子であるマキシム・ショスタコーヴィッチ指揮のもと、新日本フィルと共に自作の協奏曲を演奏。その他、国内のみならずフランス•ドイツ•ポーランド•ウィーン•イスラエル•アメリカ等海外での演奏経験も豊富に積む。その後一度音楽の道を離れるが、19歳の時にアルバイト先の店でジャズに初めて出会い、それまでとは全く違う音楽感に強く惹かれ独学と実践にて勉強を始める。
そんな中、東京はお茶の水にあるライブハウス『NARU』の先代の社長、故ナル氏に「そっちもウチでピアノ弾いてみるかぁ」と声をかけてもらった事をきっかけに、毎週ピアノトリオで『NARU』に出演する事になる。またナル氏の引き合わせにより山口真文氏のセッションに参加。以降実力派ミュージシャンとの共演を多く重ねる。竹内直グループ•峰厚介グループに参加。現在、年間300を超える演奏活動を通し自己の音楽を追求し続けている。

高瀬 裕(たかせ ひろし)
1970年3月28日、広島県生まれ。栃木県大平町育ち。
15歳頃よりエレクトリックベースを弾き始め、中学〜高校時代は80年代洋楽ブームの影響を受けハードロックバンド等で活動した。
大学在学中にジャズに目覚め、コントラバスを始める。
鈴木 淳氏、杜 哲也氏(音楽理論)に師事。
2002年12月より新日本フィルの森園康一氏に師事。
大学時代はジャズ研に所属せず、御茶ノ水NARUでアルバイトをしながら、毎日のように一流プレイヤーの演奏を生で聴く機会を得る。この経験がプロになることを決意させたと同時に、演奏活動に対する姿勢に大きな影響を与えた。
卒業後、プロとしての活動を開始。
現在参加しているグループは数多く、全国各地のライブハウスなどで素晴らしいミュージシャン達と活動中。
グルーヴ感を大事にしつつも、ていねいなプレイを心がけている。
2007年、森下滋クインテットでMonterey Jazz Festivalに出演。

コントラバスの特長である、深みのある美しい音色を目指している。

00:00 | ライブ予定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。